自動車の不正な改造について

不正な改造を施した自動車は公道を走ることを許されていません。もし違反した場合、整備不良車として取締りの対象になり、6ヶ月以下の懲役又は30万円以下の懲罰が科せられます。改造した車が不正改造に当たるか当たらないかは、車のパーツが保安基準を満たすか満たさないかによります。またパーツを改造しない場合でも、マフラーなど必要なパーツを取り外したり、正しくパーツを取り付けていない場合も取締りの対象になります。

 

とくにタイヤは保安基準が厳しく、少しでもボディからはみ出てはいけません。はみ出したタイヤが通行人を傷つける可能性があるからです。タイヤやホイールを交換して外径がかわり、結果的にスピードメーターに狂いが生じた場合もだめです。ガリバー査定
タイヤだけでなく格パーツに対して厳格な保安基準が定められています。

 
バックミラー、ホーン、サスペンション、前面ガラス、助手席のガラス、マフラー、フォグランプ、ウインカー、ステアリングなど細かい基準がありますが、要するに危険だったりうるさかったりで他人に迷惑をかけるものはだめということです。
たまに不正改造を施した車を車検屋さんやディラーに持っていくひとがいますが、違法な車を車検に通した場合、通した側が罰せられますので違法な改造車を持ち込むのはやめましょう。