整備命令

保安基準外に適していない整備不良や不正改造、また適合しなくなる恐れがあるというのが発覚した場合、道路運送車両法第54条に基づき地方運輸局長がその使用者に対して整備命令を出す事ができます。
またその際に行動経路の制限や用途の制限も指示することができるとされ、それに従わない場合は半年以下の懲役若しくは罰金という重い罪があります。
また命令を出されても整備不良を直さなかったり、その命令を無視した場合、該当する自動車の使用を停止することがあり、その場合その自動車では公道を走ることもできませんし車検に通すことも出来なくなります。この指示に従わなかったり無視をしたりするとまた罰金また懲役というもい罰があります。観客
全体的な流れとして、命令を受けた場合、まず標章を車のフロントガラスに貼られます。この標章はステッカーと同じようなものなんですが、整備を終了して車を提出するまでははがしてはなりません。
命令を受けた後15日以内に該当する自動車及び自動車検査証を地方運輸局長に提示して、保安基準内に戻したことをしっかりと確認してもらう必要があります。
この15日以内と言う期限を守らなかった場合も、使用禁止の命令が出されるので、しっかりと守る必要があります。

Comments are closed.