速度抑制装置(スピードリミッター)の解除・取り外し

多くの自動車には速度抑制装置というものが設置されています。スピードリミッターと呼ばれているものになりますが、現在では一般的な自動車だけでなく、例えばオートバイや原動付き自転車、鉄道などにも設置されていることが多い傾向にあります。一般的な車両の場合では、各メーカーによって自主規制という形式で設置されているものですが、かつての古い時代では、そもそも自動車の馬力制限が設けられていたこともあり、リミッターを超えるスピードを出すことが困難なケースも見られましたが、一部のスポーツカーや、改造を行っている車両の場合ではリミッターを大きく超える走行が可能になるケースも出ていました。女性運動04この場合では、多くのケースでリミッターカットを行っていることになりますが、その方法は車種によって異なり、現在ではエンジンに負担をかけないように施されることが一般的になります。そんな中、大型貨物自動車の場合では道路運送車両法によって、リミッターの取り外しを行うことは違法とされています。安全性を確保するために決められている内容となりますが、万が一取り外しを行った場合では違法改造とされてしまうために注意が必要になります。比較的新しい乗用車の場合では、中にはサーキット走行用に設定によってリミッターを解除できるものも存在していますが、公道では常にルールを遵守することが求められています。

Comments are closed.